聞いたことはあるけれど、産業医って実際何をしている人?

普段は何をしている人?

産業医は、職場において労働者を守ることを目的として、労働者の健康管理等について専門的な立場から指導・助言を行う医師のことを言います。労働安全衛生法により、常時50人以上勤務している職場において、産業医を選任することは義務付けられています。これは、正社員やパートなどの働くスタイルに関係なく、常に50人以上が働いている職場であれば、必ず産業医がいるということです。

産業医の主たる仕事は、サラリーマンなら必ず年1回以上は会社で受ける健康診断の実施、平成27年12月より労働者が50名以上の全事業所に義務付けられた心理的な負担の程度を把握するための検査であるストレスチェックの実施、そして、その結果に基づいた労働者の健康を保持するための措置を行うことです。

秘密は守られているの?

事業所によって異なりますが、月に1回程度、産業医による健康相談を実施している場合が多いです。お医者さんに診てもらうほどではないけどなんだか調子が悪い、ひょっとしてストレスがたまっているのかなという時は、気軽に産業医に相談することができるようになっています。もちろん、産業医には、正当な理由なく社員が健康相談などで話した内容など秘密を漏らしたときは、懲役又は罰金が科せられていますので、安心して相談することができます。

自分の働いている職場の産業医制度をよく知り、心身の健康相談はもちろん、職場や生活面での様々な相談も受け付けてくれる産業医を見方にすることは、ストレスが多い現代社会にはとても大切なことです。些細な悩みと感じていても相談することはできますので、問題が大きくなる前に相談し、心身の不調の早期解決につなげましょう。

産業医の募集とは企業などで社員の健康維持の為に相談に乗る医師を募集することです。メタボが増えつつある昨今、重要な役回りと言えます。