介護資格を取得しなければできない介護の仕事

身体介護サービスの提供は介護資格が必要

介護業界が提供するサービス内容は年々充実してきています。介護が必要な高齢者一人一人に合わせたサービスの提供が行われ、高齢者は自分の体の状態に合わせて受けるサービスを選択できるようになってきました。その中でも多くの高齢者が必要としているのが、入浴・排泄介助や食事サポートなどの身体介護サービスです。身体介護サービスを提供するには専門的な知識と技術が必要となるため、介護職員初任者研修資格などの介護資格取得者しか提供することができません。介護施設によっては、無資格の状態で働き始めた人が仕事をしながら介護資格の取得を目指しやすい環境作りも進めています。介護施設の雑務全般を行いながら資格取得を目指し、資格取得後に介護の現場で出来る仕事の範囲を広げていくという手法を取り入れています。

訪問介護の仕事をするには介護資格が必要

介護施設で勤務をする場合、介護施設の掃除や整理、有資格者の介護スタッフのサポートなど、無資格の人でもできる仕事があります。しかし、訪問介護スタッフとして働く場合は有資格者しか働くことはできません。なぜなら、訪問介護スタッフはほとんどの場合一人で全てのサービスの提供を行う必要があるからです。その中には当然身体介護サービスの提供も含まれるため、無資格者が従事することはできないのです。そのため、施設勤務ではなく訪問介護スタッフとしての勤務を希望する場合、あらかじめ介護資格の取得をしておく必要があります。介護業界への就職を目指す場合、自分が勤務を希望する職場では介護資格が必要かどうか事前に調べておかなければなりません。

介護の求人には、介護職が未経験でもOKな求人があります。資格取得支援をしている所もあるのでスキルアップを目指せます。