正しく塗れば密着効果で化粧もちがぐんとアップ!

きれいがすーっと持続する

気温が高い時期は時間がたつと、汗や皮脂で気づいたら眉やアイラインが落ちていた...なんてことがよくあります。そこでおすすめしたいのが、ポイントメイクをパウダーでサンドして、崩れにくくする技です。メイクの前後に粉で押さえて、肌とアイテムの余分な油分を吸収すれば、密着度ががぜん上がります!パウダーの種類は、ブレストとルーズ、どちらでも大丈夫です。

くずれにくい眉の描き方

1フェイスパウダーを手持ちのスポンジで少量とり、手の甲で粉っぽさがなくなるまでよくなじませます。眉じりなどの毛が少なく、くずれやすい場所を中心に、スポンジでキュッキュッと押さえます。2手持ちのアイブロウペンシルで、眉の足りないところを描き足します。3スポンジに粉を足さずに、(2)で描き足した部分をキュッと押さえます。

持続するアイラインの描き方

1「眉の書き方」と同様にアイラインもスポンジに粉をなじませます。指でまぶたを上にかるくひっぱり、上まぶたの目のきわをスポンジでキュッキュッと押さえます。2手持ちのアイシャドウを塗り、手持ちのアイラインを引きます。3アイシャドウのダークカラーを付属のチップにとり、2でアイラインを引いた部分に重ねて塗ります。アイシャドウを重ねることで、発色は保ったまま、仕上げのパウダーを塗ったのと同様の効果が得られます。

薄くまとわせてやわらかな肌に

フェイスパウダーを使うと粉っぽくなってしまう方は、肌にのせるパウダーの量が多すぎるからです。適量をパフにしっかりなじませてから肌にすべらせるように塗ると、薄づきでふんわり仕上がります。目もとなどのくずれやすい場所は、粉をしっかりなじませたスポンジで、密着させるように塗るのがおすすめです。

俗に言う「出張メイク」のことを「ヘアメイク派遣」と言います。とはいえ、ヘアメイクだけではなく、ネイルにも対応していたり、メイクレッスンをしている所もあったりします。